ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相棒
サーフィンを始めて2週間。

海に行ったのはまだ4回。

一回1時間程度波と戯れる。

時間にしたら計4時間余りのサーフィン。

波に乗れたのは20回程度だろうか。

内4回スタンディングポジション的格好をとる事が出来た。

しかし、全然満足のいく物ではない。

それは何故?

それは私は波打ち際に程近いところで、先ずはテイクオフの練習からと小波、スープを利用しての超初心者サーファーなので、波に乗ってから波打ち際までがとても近く、そのため動作に余裕が持てず結果として上手くボードの上に立つことができない。

海にいけないときは陸上でのテイクオフのトレーニング。

海での状態をイメージしながらマットをボードに見立ててテイクオフ。

最初マットの上でも上手く出来なかった。

脚が上手く抜けなかったり、マットのセンターに立てなかったりと。

今ではマットの上ではほぼ100%テイクオフできる。

私のボードはショート。

ボード


初心者向けの浮力の大きなボード。

でも、ショートは立つのが難しいらしい。

立つ事ができずにショートボードから離れていく人も多くいると聞いた。

それに対してロングボードはかなりな浮力があるので結構早い段階で立つ事ができるようだ。

そんなことを聞いてはいたのだけれど、持ち運びを考えてショートボードを安易な気持ちで購入した。

ところでボードはショート、ファン、ロングと大まかにこの3種類からなる。

ファンボードとはロングとショートの間的存在で、ロングほど長くはなく概観はロングボードに似ていてショートに比べ浮力があるので将来的にショートボードにする人はファンボードから始めると良いかもね、ということも聞いていた。

しかし、余りお金を掛けたくないし、やっぱりショートだった。

なかなか前途多難ではあるけれど、何とか今シーズン中にテイクオフしてみせる。

ダーァァァァァァァァァアーーーーーーーーーー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/08(木) 21:58:35 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/20(日) 05:15:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。