ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サーフィン
この歳になりサーフィンを始めることになりそうだ。

現在すんでいるところは海に程近くサーフィンをするにはもってこいのロケーションではある。

何故サーフィンをする運びとなったのか。

キーマンはこの人。

太田先生ベンチ

昨年スポーツクラブにやってきたO先生。

なんとこのO先生はサーフィン好きが高じてこの地に引っ越してきたサーフィンバカ一代。

余談ではあるが、このO先生以前住んでいたところではウェイト・トレーニングのインストラクターをしていたそうで、トレーニングの方法等とても詳しくO先生のウェイト・トレーニングに関する卓越した知識の効果で最近は女性の方も多くウェイト・トレーニングに励んでいる。

閑話休題。

そのO先生が先日知人に頼みウェットスーツを購入したのだけれど、どうもサイズが合わない。

思い迷った末「そうだ原やんさんならピッタリじゃない?」と私が頂く事になった。

もちろん新品。

おそらくO先生がサーフィンのやりすぎで腰を痛めた折、何度か私が整体をして痛みを取り除いてあげた事に対しての感謝の気持ちも込められているのだと思う。

うーん。

そんなものを貰ってしまってはサーフィンをやらないわけには行かない。

てな運びでサーフィンを始めることになった。

50の手習いだな。

まぁそれほどがむしゃらには出来ないので、水泳の補強になれば位の軽い気持ちで行おうと思っている。

以前居た趣味でサーフィンを行っていたスタッフが、バタフライをおぼえたと思ったら25メートルをいきなり13秒台で泳いでしまった快挙が今でも頭の片隅に残っているので、プルを鍛えるのにはサーフィンはもってこいかも知れないなぁとは常々思っていたのだ。

先ずは板に乗る事からだな。

おおっと、それよりも板がなかった。

あいたー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。