ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キック!
昨日はいつもならばプールに直行するのだが、土曜日に思ったようなウェイトトレーニングが出来なかったため、土曜日の補助的ウェイトトレーニングとマシンでのランニングに30分くらい費やしたあとプールに向かった。

土曜日の午後のクラス「四泳法」で教わった蹴伸びの姿勢の復習とキックのおさらい。

左肩が痛いのでアップをいきなりキックで行った。

50メートルを12本行ったのだが、ランニングの後だったので1分45秒サイクルとインターバルを長めにして臨んだ。

一本目は完全にアップ1分15秒から20秒くらいのペースで泳ぎだしたつもりだったのだが、1分10秒で帰ってくることが出来た。

うん?

ちょっといいかもよー。

アップなのでほんとにゆっくりと行ったつもりだったのに自分の中では結構速いペース。

これは「四泳法」での成果が早くもあらわれたのか?

調子に乗りその後回を重ねていき、4本目辺りから少しペースを上げた。

しかし、フォーム重視だったのであくまでフォームを崩さないようにお腹を引き締めて、右足で打った同じところを左足で打つように心がけ、なめらかーに、なめらかーに。

なんと9本目まで1分5秒ペース。

アリエナーイ!

普段は50メートルキックの時は1分30秒サイクルで行い3本目辺りから徐々にタイムが落ちてきて、4本目辺りでは1分10秒は掛かってしまうのに。

まぁインターバルが長めだった事もあるけれど、それにしても久々の50メートル10本以上の連続キックでこのペースはホント驚いた。

驚きも、桃の木、山椒の木、ブリキに狸に洗濯機!

10本目は少しペースを上げてトライ。

なんと1分で帰ってきちゃったよ。

ヤッター!

自分の中では後半1分はとても厚い壁だったので、まじりんこで驚いた。

いかに泳ぐ時の姿勢が大切かわかった。

こりゃー夢の1分切りも夢じゃなくなってきたぞー。

肩が完治するまでキックに専念するいい機会だなこりゃ。

ボディーメーカー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。