ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校生
昨日はウエイト・トレーニングを行った。

いつものようにチューブ主体。

いつものトレーニングエリアに行くと、息子の友人で最近入会した高校生が2人居た。

ウェイト

2人ともとても細くまだ余り重い付加を使ったトレーニングは出来ない。

2人とは別にウェイト常連の会員さんもいた。

この人とは最近親しく話をするようになった。

この人はウェイトマニアとでも表現したらいいのか、クラブ常設の器具に飽き足らず、自分でいろいろと持参してくる。

昨日は5キロのバレーボール大のボールを使ってエクササーイズ。

ボールを使った腹筋では、お腹めがけてスタッフにある高さからボールを落としてもらっていた。

私も試してみたのだが、これはかなり腹筋を絞めていないとやばい。

気を抜いたら5キロプラスアルファーの衝撃をもろに食らう。

ほんの10回弱めにやってもらっただけで結構効いた。

その後高校生を呼び「若者よ、やってごらん」と勧めてみた。

するとどうだ、細い身体だが、結構耐える。

若者は侮れんなぁ。

20回のたたき付けにもあまり動じた様子がない。

恐るべし高校生。

昨日はトレーニングルームの担当に水泳のスペシャリストI先生も居たので、もっけの幸いとバタフライについて少々質問をした。

I先生は25メートルをクロールでなんと11秒台。

シンジラレナーイ!

質問の内容は「ピッチを上げると酷い事になるのだけれど、どうしたらいいのかい?」と言うもの。

I先生いわく「先ず陸上でバタフライをしてみて、タイミングを覚えていってはどうですか」
その時、ダッシュのタイミングでシャドウでバタフライを行ってみて、キックとプルのタイミングを覚えると言うもの。

なるほど、陸上で出来ない物は水中では出来ません。

判っていても気がつかなかった。

早速家に帰ってチャレンジングー!

結構疲れて、マイッチングー!

梁に手をぶつけて、テーピングー!

それでもめげずに、トライングー!

息が上がって、ドリンキングー!

てな調子で。

いい感じ。

目線に気をつけ、実際に泳いでいるつもりで行った。

とびうおターン!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。