FC2ブログ
ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
購入
昨日注文していた本が届いた。

DVD付き。

本のタイトルは「平泳ぎ入門」「個人メドレー入門」

水泳本&dvd

どちらも日本のトップクラスの監督が監修している。

居ながらにしてトップクラスのコーチを受けられる。

なんて便利な世の中なんだ。

コンビニエント!

早速内容を確認。

どちらも本よりもDVDがメインのような感じ。

平泳ぎに関してはキックがとてもためになった。

今までの自分のイメージと少し違っていた。

平泳ぎにおいてのキックの重要性を謳ってある通り、懇切丁寧にキックの打ち方を解説していた。

陸上でのドリル、水中でのドリル、順を追って無理なく取り組める。

陸上でのトレーニングは何時でもどこでも誰とでも練習できるのでとても良い。

昨日は気がついたらキックの動きの確認のをしていたなぁ。

なんせ今月からスタイル1をブレに決めたからね。

先日購入したスイマガにマスターズ「新春マスターズスイムミート2008」の優勝者のタイムが記載されていた。

スイマガ

スッゲーハエー!

この年齢でこのタイムはありえねー!

ちなみに(50+)25M平泳ぎでは15”05

速すぎるー!

こうなるとせめて16秒台は出したいね。

地道に抵抗の少ない効率のよい平泳ぎが出来るように練習しますよ。

話は変わり昨日はNHKでアメリカの怪物スイマーの、泳ぎの速さの秘密を探るみたいな番組があった。

アリャもはや人間じゃないね。魚。

しなやかな動きから繰り出されるドルフィンキックは芸術的だった。

圧巻だったのは8キロのオモリを付けての直立姿勢でのドルフィンキック連続40秒。

ためしに日本のトップスイマーが同じ事を試みたのだけれど、10秒の間にたまらず手を使っていた。

それでも40秒は無理だったのだからいかに大変な事なのかは想像に難くない。

それを10秒のレストで何本か行っていた。

その怪物がハードな練習を淡々とこなしていた姿がとても印象的だった。

俺もやるぞー、坦々と!

オッ!意味が違ったなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。