ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導
昨日は20メートルプールのほうで「インターバル」のクラスに参加。

「インターバル」が始まるのは3時15分。

しかーし、昨日はプールで知り合い、時々水泳のフォームの指導をしているHさんに以前「今度また泳ぎを見てもらえないですか」と要望されていたので2時30分にプールで待ち合わせをした。

プールに行くとHさんは既に来ていて、一人、練習をしていた。

まぁクロールが出来るか出来ないかといえば出来ているのだけれど、さらに上のレベルの泳ぎを覚えたいとの事。

呼吸のタイミング、腕を書かないほうのグライド姿勢をしている方の腕の位置、呼吸の時の目線の3点に絞って練習を行った。

片手スイムをしてもらい、私が伸ばしているほうの腕を軽く支えながら行った。

ほぼ30分の指導だったのだけれどその中でS字プルの良い点悪い点なども解説した。

Hさんは大変熱心でいろんな本も参考にしているようで、指導の前にS字プルについて質問を受けたので、スカーリングを踏まえたうえでのS字プルでなければならないこと、またローリングをした場合客観的に見た場合、S字にはならず下から上(深いところから浅いところ)への動きになることを説明した。

ほんの図解のS字をイメージすると大変なフォームで泳ぐ事になることが多々ある。

その後「インターバル」に参加。

Up  40×4本 1分    (Fr)
K   20×4本 40s   (IM)
P   60×8本 1分30  (Fr/Br)
K&S 40×6本 1分    (IM)
D   80   

と1000メートルほどを泳いだ。
昨日は又若者が居たので私は3番手、楽をした。

いやー3番手ってほんとにいいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。