ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョーラッキー
今月から会員の区分を変更したので、時間の制限、曜日の制限を気にせず25メートルプールのほうのスポーツクラブを利用できるようになった。

ので、昨日は早速プールへ。

すいていた。

6コースのプールに使用者は私をいれて3人。

チョーラッキー!

私は休養も兼ねてのスイムだったので、遊泳コースの高床区域でもって飛び込みの練習を兼ねて軽くスイム。

壁から5メートル付近まで板を使って底上げをしてあるので、片道20メートル。

先ずは往復40メートルをアップをかねて10本。

サイクルは1分30秒。

長すぎるくらいの間隔でいいんです。

それから半分くらいまでのダッシュ20メートルを10本。

これも1分30秒。

行きはドルフィン跳びを行って、帰りは板が敷いてないので壁を蹴ってのスタートで。

交互に違うスタートをすることによりどちらも同じ様に浮き上がりから泳ぎだしが出来るようにと自分で考えた半分ダッシュ練習。

壁を蹴ってのスタートのほうがスムーズなので壁を蹴ったときと同じような感じでドルフィン度日の際も水の中での姿勢つくりが出来る様意識して練習します。

その後チョイトほぐしながら泳いでいたら、私が師と仰ぐFさんがやってきた。

そしてNさんにバックの指導を始めたので「僕も教わっていい?」と無理やりFさんに教えを請う。

以前プルの動作を口頭で教わったのだけれどいまいちイメージがつかめなかったので、昨日はこれ幸いと申し出たのだ。

Fさん面倒だったは思うけれど、親切な指導ありがとね。

バックのキャッチからフィニッシュまでの動きを手取り足取り、めちゃくちゃ丁寧に教わった。

本当に感謝!

15分くらい教わり、その後30分くらい反復練習を行い、退館の時間が迫ってきたのでプールを上がった。

昨日は実り多き最良のスイムだった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/04(月) 23:20:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。