ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛び込み
昨日は久しぶりの「スタート&ターン」

昨日も200メートルアップの後キック200メートルを2本5分サークルを行ってから25メートルをメインにゆっくり目に泳いだ。

プログラムの途中で「スタート&ターン」のクラスの時間が来たのでプログラムを中断して参加。

飛び込む前に飛び込み地点と水中での進路、浮き上がりから泳ぎだしをイメージ。

一本目、水深、浮き上がり、泳ぎだし、まぁまぁの出来だった。

全部で5本飛び込んだのだけれど、3本目から結構余裕が出来、壁蹴りスタートの時のように浮き上がりの時に後頭部に水面を感じることが出来た。

今までは水中で目を閉じているのか開いているのかさえも記憶になかった。

この目覚しい進歩は、遊泳コースでの底上げ板からのドルフィン飛びの成果だと思う。

これで後はダッシュ力が戻ってくればかなり良いタイムが期待できそうな予感。

かなり良いタイムと言っても、自分の中でのかなり良いタイム。

ダッシュは、最近「マジ筋」を始めたことが原因なのか、いまいち腕の回転が上がらなくなってしまった。

無理に上げようとすると、身体の余分なところに力が入ってしまう悪循環泳法に陥ってしまう。

対策としては腕の回転のテンポを上げるような練習していこうと思う。

具体的には、25めーとるのイージーハードで、12・5メートルあたりから徐々にテンポを上げていく。

昨日少しやってみたのだが、まぁ良い感じだった。

予想では今年の夏ごろに以前のように良いテンポでもって泳げるようになるんじゃないかなぁと楽観している。

夏が勝負だな。

ベストは夏に出す!

うーん、スローガンが決まった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。