ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発見
出来るだけ余分な力を抜いて。

肩を大きく回して。

入水は中指から。

判ってはいるけれど、出来ていなかった。

できているものだとばかり思っていた。

はーさんのバカ!

バカ、バカ、バカ。

逆立ちしたらカバ。

中指からの入水はそれこそ17年前に、当時ソウルオリンピックに補欠ではあるけれども、バックの選手として日本代表に選ばれた実績を持つ先生に教えてもらった事なのだ。

ごめんねチエチャン(その先生の通称)

一緒に焼き鳥を食べに行ったね。

あー懐かしい。

出来ていなかったんだ。

出来ているつもりだった。

最近キックを基本からやり直し、そしたらスイムの時の上体が俄然よくなり、それでもってついでに腕の回転も意識してやるようになり。

と、好影響が続いて肩を思っているほど使っていなかったことを身体で感じちゃったんだなぁ。

特に左腕。

ローリングが戻りきらないもんだから、入水の時どうしても親指から入ってしまっていた。

それをリカバリーから肩で押し出すような感じで入水したら、アーラ不思議、身体がヒョイッとフラットの状態に戻る出ないの。

嬉しかったねー!

おかげでフリーのダッシュもなんだかやりやすくなったんだよー。

クロールは7・8割は腕の力だとは言うけれど、それ以前にキックが大事何だなぁとつくづく思いました。

何でも基本は大事だね。

パンツ&キャップ


最近購入したスイムパンツ。

ここ3年くらい水着屋のサイトで購入している。

お世話になってます。
スポンサーサイト
ビリーが町にやってくる
今週の土曜日からビリー&シェリーによるブートキャンプ直接指導イベントが始まる。

本当に参加したかった。

しかし、まぁ止めといた。

でも本当に参加したかった。

でも、まぁ止めといた。

ビリー人気の秘密はやはりビリーの人柄だろうなぁ。

DVDを通しても伝わってくる優しさ、真摯さ、おおらかさ。

最初息子が「ブートキャンプ」を購入して、私は息子に頼んでやらせてもらっていた。

今では私がしっかりとはまってしまい、DVDの所有枚数は何と20枚を越えてしまった。

ほぼ毎日のように、何かしらのDVDで汗を流している。

最近購入した「アンプト」はなかなか完成度の高い内容のDVDでとても気に入っている。

ビリーアンプト


伸縮自在のバーを使ってのワークアウトがなかなかきつい、肩に来る。

ところで「アンプリファイ」って増幅とか拡張とか言う意味だと思うんだけど、このバーは伸縮はするものの太くなったりはしないので「エクステンション」のほうが適当じゃないかと思うんだけど。

この伸縮自在棒を使うと負荷が増幅するのでそこん所で「アンプリファイ」なんだろうか?

とどうでもいいような事で疑問を抱いてしまった。

毎日のようにビリーで汗を流し、毎日のように泳いでいるので身体はボロボロ。

病気だねこりゃ。
又買っちゃった
待ちに待ったぜ!

ビリーブランクスのサイトで見つけたブランニュー。

どうしてもほしくて、直接メールを送った。

もちろん英語で。

ちゃんと通じるかとっても不安だった。

英語力は中学程度。

何日待っても返事は来なかった。

3週間位してからだろうか、忘れた頃に返事が来た。

もちろん英語で。

なんとなく意味はわかった。

返事が遅れたのは担当者が船に乗ってどこかに行っていたためのよう。

結果的にビリーのサイトでの日本からの商品の購入は無理との事。

そこで購入可能なサイトを二つ紹介してくれた。

そのうちの一つがあの有名なアマゾン・ドットコム。

もう一つのサイトは忘れてしまった。

それでも日本のアマゾンのサイトには私のほしいビリーのブランニュー「タエボ」ワークアウトDVDセットは掲載されていなかった。

うーん、やっぱ日本での購入は無理なのか。

あきらめかけていのだが、一週間ほど前に何気なくアマゾンでビリーを検索したら何と、あるでないの、値段はアメリカン価格で。

その名は[taebo amped]

アンプト


もちろん即購入。

今早速やってみた。

先ずは紹介程度の内容のプログラムだったなぁ。

DVDは4枚入っているので徐々に内容がきつい物になっていくんだろう。

所要時間は40分。

あっという間の40分だった。

明日はもう少しきつくなるのかなぁ。



スッゲー!
昨日は毎週欠かさずに参加している「とびうおクラス」の日。

そこにはとても懐かしい顔があった。

今大学2年生の高校生までこのクラブの選手コースで泳いでいたY君がいた。

彼の専門はバックで、当時県下一。進学校に通っていた彼は水泳の常勝校である私立を差し置いての県下一であり何年かぶりの快挙を成し遂げていた。

そんな彼が夏休みを利用して帰省し、久しぶりに、おじさんおばさんに混ざりスイムを楽しんでいた。

私のスタート順位は彼の次の2番手でいつもの様に、各プログラム10秒間隔で各人スタートするのだが、10秒後に私がスタートする頃には彼は向こう岸の5メートルラインあたりまで進んでいる。

ムッチャくちゃ速い。

もちろんダッシュではないのだ。

クロールでは11回のストロークで25メートル泳ぎきってしまうそうで、やっぱすごい。

ちなみに私は16ストローク。

まぁ普通くらい。

そんな彼も半年ほど水泳から遠ざかっていたとのこと。

半年振りに泳いでもその泳ぎっぷりに圧倒されっぱなしだった。

次元の違いを目の当たりにして感動すら覚えた。

バサロキックは魚雷を思わせる迫力だった。

ゆったり打っているのに何であんなに速いんだろう。

スクールが終わり、私はその後苦手なバックの矯正をしてもらった。

とってもラッキー!

私の泳ぎは背中がそりすぎでそのせいでくにゃくにゃしたバックとの事。

そこで先ず姿勢を注意しい、ローリングを一切せずに、腕はまっすぐに上げるのではなくてやや開いた形でリカバリーからエントリーまで。

ローリングをすると腕の運びは真っ直ぐになるとの事。

ここまではとても判りやすく理解できたのだが、背中に乗っていく感じで泳ぐ、というところが出来ない。

ウーン、奥が深いのー!

これからバックはのーローリングで行きたいともいます。
やりすぎたかな?
先々週、O先生にキックの姿勢、キック幅の指導をして頂き、キックが「うそだろおい」と思えるほど、楽にまた速く打てるようになった。

今までは水を後ろへ押すようにと心がけてもちろんキック幅も広くならないように注意していたのだが、結果力が入りすぎ、キック幅も自分が思っていたより3倍くらい広かったようだ。

今は腰の位置を高く保つことと、キック幅はほぼゼロ、水面に対し足の甲を滑らせるようなイメージでキックをしている。

当然以前より力は要らない、また回転も上がりより軽いキックになった。

おかげで今まで25メートル一分サイクルで35秒からがんばって30秒掛かっていたキックが、30秒からがんばって26・7秒まで上がってきた。

また以前は遅い割りに力が入っていたのですぐに乳酸がたまりキックが打てない状態だったのだが、今は息は上がるけれどもキックは打てる。

そんな調子で、嬉しくて嬉しくて調子に乗って先週はキックをやりすぎてしまい、今週は腰に痛みを感じてしまった。

何事もほどほどだね。

だから昨日は完全休養、お風呂だけ。

今日は軽く泳ぐつもりだけれどキックは25メートル8本か50メートルを4本、長いサイクルでやろうかなぁと思っている。

そんな身体の状態でもビリーさんを相変わらずやっているからなかなか身体も休まんないのが現状。

ブートキャンプエリート


ところでまたビリーさんを購入予約してしまった。

これは最新バージョンで、バーを使用して行う模様。

ビリー、ブランニューDVDはこれだ!

実は一ヶ月ほど前に、ビリーブランクスのサイトでこの商品を知り、購入したいと思い、思い切って英語でもってメールを送ってみた。

そうしたら2週間ほどして担当者から返事がきた。

返事が遅れたのは船に乗って行ったためとの事で、またこの商品の日本での購入可能なサイトもあわせて教えてくれた。

つたない英語で理解しにくかったと思うけど、返信ありがとうございました。

そのサイトの一つはアマゾンだったのだけれど、その時はアマゾンにはこの商品は無くあきらめていた。

一昨日何気なくアマゾンをのぞいてみたら何とあるじゃないの、アメリカでの販売価格とほぼ同じ価格で。

おそらく直輸入品なので日本語字幕は無いのだろうけれど、使用にあたり問題は無いと思う。

アマゾンからの発送は9月下旬から10月上旬の予定。

今から待ち遠しいね。

もう完全なビリーマニアだよーん。

ビリーを始めて4ヶ月余り。

最初は息子が購入した例の「ビリーズ・ブートキャンプ」を興味本位で行っていた。

回を追うごとに、次第にビリーの魅力に取り付かれ、今は息子より私のほうが熱心だ。

本当に体調が悪い時は2日行わなかった事がある。

調子がいいときは、体力強化系、カーディオ系と、とっかえひっかえ毎日欠かすことがない。

ちなみに今日はエリートのTWOで汗を流した。

ビリーで強化された肉体はきっと水泳にも活かすことが出来ると思うんだけど。
焦った
昨日、パソコンに、ウィルス対策ソフト「カスペルスキー」をインストール。

状態は良好。

気をよくして、突然思い立ち、パソコンのボックスのカバーをはずし、5年越しの埃を掃除機で吸引。

注意深く、注意ぶかーく。

カバーを戻し、ねじを締める。

コードをつないで再起動。

しなーい!

エエッ、なんで。

やっべー!

5年も使ったからやっぱり寿命か?

ウィルス対策ソフトは登録しちゃったから、新品のパソコンには新品の対策ソフトがいるしなー。

どうするよー。

もーいっかいカバーはずしてみっか。

きれいに埃を吸い取ったつもりだったけれど、まだ結構残っていた。

メモリーカードも慎重に一度取り外し、ティッシュでこれまた慎重意にふきふき。

CPUのところの冷却ファンも取り外し、その下の冷却フィンもしっかり掃除。

慎重に、慎重に作業を終え、再びカバーを取り付けパソコンを再起動。

ウッヘー、動いたよ。

よかったなぁー。

ほんとによかったよー。

ここ3年くらい水着は水着屋でネットで買い物してるからね、パソコンないとホントこまるんだよねー。

それにしてもほこり、結構入り込んでたなー。
対策ソフト
本日、コンピューターウイルス対策ソフトをインストールした。

今までは、シマンテック社の「ノートンアンチウィルス」のお世話になっていた。

しかしノートンってとっても重いのよねー。

そこで意を決して浮気を敢行。

新しいソフトは「カスペルスキー」

今インストールと完全スキャン終了。

イヤー時間掛かった。

結果一つもウィルスは検知されなかった。

よかったよー!

もう一つよかったことは、パソコンの作動が速くなったこと。

あちらこちらのサイトで「ノートンは重い、ノートンは重い」と聞かされ続けていたけれど3年間浮気はしなかった。

理由はなんか他の対策ソフトにするのが怖かったからだね。

でも替えてよかったよ。

ノートンに比べてほんとに速い。

ソフト自体の能力は詳しい事はわからないので比較する事は難しいけれど、アマゾンのサイトで使用者の声を聞くとなかなかよさそうだ。

今の世の中ウィルス対策ソフトがないとおちおちインターネットも出来ないからね。

たまに訳のわからんメールも来るし。

これで一安心じゃ。

ところで身体がとてもえらい。

一週間ほど前に皮膚科に行って、つめの水虫の薬をもらってきて服用している。

肝臓に少し負担が掛かる薬らしい。

毎回スポーツクラブで伝る水虫。

そのつど薬局で高いお金を出し薬を購入して治療に当たっていた。

だが完治したつもりでも水虫菌は足に残っているようで、長い日数を経て爪に移るとの事。

完治するまでに3ヶ月。

薬がまた高い。

一週間分で一万円。

都合3週間薬を服用しなくてはいけないのだ。

でも他って置けないしね。

スポーツクラブを止めるわけにもいかんし。

白癬菌よでかい面してんなよ!

今日でとりあえず最初の一週間分の薬終了。

また一ヵ月後に二回目の薬の服用開始。

今日は晩酌やめとこかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。