ほとんど毎日のように行っている水泳のプログラムを紹介しながらその時々で感じたことを書き連ね世の水泳大好きな人たちの励みになればと思います。楽しんでいただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての
やってきました初サーフィン。

ショッペー!

海の水は塩辛いぜ。

場所は伊良湖岬の若見。

ロングビーチ

割合に遠浅なので初心者にはもってこいのポイントだとの事。

ちなみに画像は私ではありません。

昨日はもう一人の初心者のSさんも無理やりに誘われて一緒に波乗り。

ボードはO先生が貸してくれたボード一つしかないので、かわりばんこで使用。

いやー結構疲れるね。

交代交代で丁度いい感じだった。

O先生は海に入りっぱなし、そんな純サーファーを横目に私は日陰探しに余念がない。

天気が良かったので暑いの何の。

一気に日焼けをしてしまった。

UVカットのローションを持参してつくずくよかった。

と、先ずは私から入水。

華麗な?パドリングで沖へ、沖へと向かいます。

水泳をやっているおかげでパドリングは上級者クラス。

調子に乗っておきに出すぎてO先生に呼び戻された。

イヤー海っていいなぁ。

サイコー!

波を待つこと数分、隣のO先生に言われるまま、方向を岸に向け全力パドリング。

うぉるりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁおぁーーーーーーーーーー!

見事波をゲット。

そのまま波に押され岸のほうへ。

うーんマンダム。

そんなことを数回繰り返し、後半は自分で波を見分けられるようになり、O先生から少し離れたところで波待ち。

何度か板の上に立とうと試みるも敢え無く撃沈。

何度も波にもまれた。

しかし浅いので足がつくからもまれても安心。

どっちが上だか下だかわかんなくなっちゃうもんね。

おそらく今日明日中に板も送られてくる。

週3で海に行くぞー!

テイクオフ!
スポンサーサイト
寒さ対策足元編
私の家の床はフローリング。

床暖房なんて気の利いたものなんかありません。

この時期素足だと本当に冷たい。

体中に悪寒がはしる。

普通のスリッパでは様を成さない。

そこで私は毛むくじゃらの「アニマルスリッパ」を愛用している。

アニマルスリッパ

これがなかなか暖かいのよ。

何の動物だか判らないけど助かってます。

ところで風邪のほうはいまいち。

今までは風邪だろうがなんだろうが「プールで治す」なんて無茶な事言って泳いでいたけれど、最近チョット弱気。

それと「とびうおクラス」は参加したら最後、体調の如何に関わらず先頭で泳がないといけないので、体調が悪い時はホント辛いんだよねー。

なんとなく先頭で泳がなければいけない雰囲気なんだよねー。

だから今日は「とびうおクラス」に参加したいんだけどチョット弱気に、20メートルプールのほうで軽く流して終わろうかなぁとも考えているんです。

うーん、少しずつ寄る年波に侵食されてきている感じだなぁ。

まぁ今日は無理をしないでおくかな。

この間スイム指導をしてあげたHさんのその後も気になるし。

今日はやっぱり20メートルにしとくかな。
汚点
昨日、ボクシングの世界選手権を観た。

日本人同士によるタイトルの防衛戦。

階級はフライ級。

観終わった感想は、世界戦の歴史に汚点を残したなぁ。

今まで何度か世界戦を観たのだが、対戦者同士相手を敬う気持ちを持ちながら、また試合後は相手の健闘を称え合いながら、ボクシングのルールの中で戦っていた姿を思い出すのだが、昨日の戦いには全く失望させられた。

クリンチをしたら相手を投げ飛ばす、首に腕を絡ませ、体重を乗せて相手を押し倒す、クリンチの際に相手の太ももをパンツの上から叩く。

世界戦に挑戦する資格なし。

いわんや、ボクシングをする資格なし。

どんな教育しとるんじゃー。

親の責任じゃ。

内藤大助選手、あなたはほんとによくがんばったと思いますよ。

これからのご活躍を期待しています。
又買っちゃった
待ちに待ったぜ!

ビリーブランクスのサイトで見つけたブランニュー。

どうしてもほしくて、直接メールを送った。

もちろん英語で。

ちゃんと通じるかとっても不安だった。

英語力は中学程度。

何日待っても返事は来なかった。

3週間位してからだろうか、忘れた頃に返事が来た。

もちろん英語で。

なんとなく意味はわかった。

返事が遅れたのは担当者が船に乗ってどこかに行っていたためのよう。

結果的にビリーのサイトでの日本からの商品の購入は無理との事。

そこで購入可能なサイトを二つ紹介してくれた。

そのうちの一つがあの有名なアマゾン・ドットコム。

もう一つのサイトは忘れてしまった。

それでも日本のアマゾンのサイトには私のほしいビリーのブランニュー「タエボ」ワークアウトDVDセットは掲載されていなかった。

うーん、やっぱ日本での購入は無理なのか。

あきらめかけていのだが、一週間ほど前に何気なくアマゾンでビリーを検索したら何と、あるでないの、値段はアメリカン価格で。

その名は[taebo amped]

アンプト


もちろん即購入。

今早速やってみた。

先ずは紹介程度の内容のプログラムだったなぁ。

DVDは4枚入っているので徐々に内容がきつい物になっていくんだろう。

所要時間は40分。

あっという間の40分だった。

明日はもう少しきつくなるのかなぁ。



腰の位置
今月はキック強化月間とテーマをぶち上げて臨んだ。

結果はいまいち。

中々思うようなキックが打てない。

相変わらず遅い。

すぐに乳酸がたまり足が動かなくなる。

そんな状態で激しく落ち込んでいた数日前、そのクラブの中の良いインストラクターの方と一緒に泳いでいた時の事。

「原やんさん、キックの時腰の位置がひくいよ」

ボードを使ってのキックの話。

自分では腰の位置は水面と平行くらいだと思っていたので大きくショックを受けた。

「それからキック幅が大きいよ」

へーッ!

キックは細かくテンポ良くをモットーに行っていたつもりなのでこの助言には本当にショックを受けた。

自分のフォームはわからんもんだねー。

早速、腰の位置、キック幅を意識してキックの練習に取り掛かった。

昨日、そのインストラクターを含めた数人で一緒に練習をしたので練習後再度キックのチェックをしてもらった。

肩、首に知らない間に力が入っていた事を修正し、キックは本当に水面をなでるような感覚で25メートルを測ってみたら、何と27秒位で行き着くことが出来た。

しかも、全然えらくない。

息上がらない。

インデアンウソつかない!

それにこの状態のキックって即スイムにつながるキックじゃないの。

長く暗いトンネルからやっと出られそうじゃー。

今までは25メートル32秒から35秒かかっていたのじゃ。

ヒーヒーいいながらでも30秒。

夢のようじゃ。

今日もさらにキックの練習に励む所存。

肩の力を抜いて、テンポ良く、深く蹴りすぎないで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。